春の雨、修羅、アルペジオと花びら

雨の夜に聴きたい音楽を。 四月の気層のひかりの底を 唾(つばき)し はぎしりゆききする おれはひとりの修羅なのだ*1 宮沢賢治の詩『春と修羅 (mental sketch modified)』は諳んじている、というのは言い過ぎだけれど何かにつけて思い出すくらいには覚えている。東京の冬は乾燥していてあまり雨が降るイメージ…