読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深呼吸しよう

慌ただしい現代生活の中に深呼吸できるすきまを与えてくれるようなカルチャーを紹介するブログと思いきやただの備忘録

Blonde Redhead / 3 O'CLOCK (EP/Asa Wa Kuru,2017)

f:id:need-shinkokyuu:20170505192331j:plain

3月3日にリリースされていたBlonde Redheadの4曲EP"3 O'CLOCK"についてご紹介します。

Blonde Redheadについて

f:id:need-shinkokyuu:20170505200345j:plain

日本人女性Kazu Makinoとイタリア人双子Amedeo PaceとSimone PaceによるBlonde Readheadは1993年NYにて結成されました。Kazu Makinoはアート系の学校、Pace兄弟はバークリー音楽学校で学ぶために渡米していたとのことです。

✔️ブロンド・レッドヘッド - Wikipedia

ちなみにWikipediaに元メンバーのトーコ・ヤスダは現在はEnonにて活動、とありますがSt.Vincentのバックバンドに参加したりしています!

✔️遂にウィークエンダーでカムバック、Blonde Redhead(ブロンド・レッドヘッド)!!! | Digital Convenience

収録曲"GOLDEN LIGHT"のミュージックビデオ

イメージが連鎖して、展開していく詩的な映像です。幻想的な曲と相まってとても美しい。

アルバムごとに多彩な作風を発表してきた彼らですが、前作のアルバム"Barragan"の気怠く物憂げなポップソングのテンションは引き継ぎつつ、どこか"Misery is a butterfly"の楽曲のような印象を受けました。透徹で繊細なメランコリー。

f:id:need-shinkokyuu:20170505192925j:plain

2003年リリースの名作アルバム。FUGAZIのGuy Picciottoがプロデューサーとして参加。この後2007年にヒット作"23"がリリースされます。

絞り出すようなKazu Makinoの独特なウィスパーボイスが、メランコリックな楽曲をトゥーマッチにならず引き立てていますよね。10年以上経ちますが今でも好きな曲のひとつです。